タイトル画像

Earthquake -耐震心-

一戸建て住宅の耐震診断費用を安くする方法

一戸建て住宅には、木造や鉄骨造、鉄筋コンクリート造などの構造に分かれており、半数以上の住宅が木造住宅となっています。建物の耐震基準は1981年に大きく改正されており、それ以前の建物は、必然的に現在の耐震基準を満たしていないため、現行の基準と比べてどの程度の耐震性を持っているのかどうかを耐震診断で明らかにする必要があります。現在の法律では、一戸建て住宅を耐震性について診断をする義務はありませんが、安全に生活をする上では診断を実施したうえで、耐震補強をすることが大切です。耐震診断を依頼するには、設計事務所に依頼することが一般的ですが、100平方メートル規模の一戸建て住宅で一棟当たり20万円前後のまとまった費用が必要となります。自治体のサービスの中には、このような診断費用の一部を補助金として助成する取組を実施しているところが多く、この制度を有効活用して診断を通常より安く実施することができます。また、住んでいる地域の建築士会や建築事務所協会などの団体に問い合わせをすることで、耐震診断についての相談や、費用についてのアドバイスを受けることもできますので、それらを参考にして診断費用をさらに安くすることも可能です。

耐震診断をして必要な補強をすることで安心が得られる

建築基準法は昭和56年の改正で耐震基準が厳しくなっています。逆に言うと、それより前に建築された住宅は昔の耐震基準で建てられたものですので現在の基準を満たしていない可能性があるのです。もちろん違法建築にはなりませんが、そこに住む人の生命にかかわる問題でもありますので、昭和56年以前に建築された建物は耐震診断を一度受ける方がいいでしょう。地震による被害を自治体としても最小限に抑えたいという思いから一定の住宅に対しては耐震診断の費用の補助するケースもあります。耐震診断をすることによって、耐震補強工事の必要性が見えてくるかもしれません。これに対しては自治体の補助金制度や税制上の優遇措置などをうまく活用しながら対策をするといいでしょう。耐震というのは、地震があった時に建物がその揺れを受け止めて耐えることをいいます。この技術は数々の地震災害に見舞われた日本では相当進歩していて、少額の耐震補強でもかなり効果が得られる工法がたくさんあります。まずは手が届く金額の範囲で早めに対策を打つことが大事でしょう。災害はいつくるかわかりませんし、耐震補強をすることでその後安心して生活できるという精神的なメリットも得られるかもしれません。


Favorite



調布市で評判の賃貸業者を活用しましょう


調布市で評判の賃貸業者を探せます


不用品回収や粗大ごみの回収を依頼できます。


不用品回収 大阪



最終更新日:2020/2/26

トップへ